鹿児島県産婦人科医会

文字サイズ変更

日本産婦人科学会大規模災害対策情報システム入力について(依頼)

県小児周産期リエゾンより、日本産婦人科学会大規模災害対策情報システムの入力依頼が参りました。

つきましては、ご多用中恐れ入りますが、標記システムの自施設の詳細情報の確認・登録につきましてもご協力賜りますよう宜しくお願い致します。

日本産婦人科学会大規模災害対策情報システム入力について(依頼)

入力方法

日本産婦人科学会大規模災害対策情報システム入力方法

母と子のメンタルヘルスケア研修会について

鹿児島県産婦人科医会では、昨年度、産婦健康診査事業(2週間健診・1か月健診)が始まることを受け、「産婦健康診査事業実施に伴う精神科・産婦人科合同研修会」を3回シリーズで開催しました。

今年度は、上記研修会に加え、日本産婦人科医会が主催で、母と子のメンタルヘルスケア研修会(入門編)を開催することとなりました。

つきましては、母と子のメンタルヘルスケア(日本産婦人科医会)ホームページに研修会の詳細を掲載しておりますので、多数ご参加下さいますよう宜しくお願い致します。

なお、本研修会は、助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)レベルⅢ認証制度における申請要件として承認されておりますことを申し添えます。

詳細につきましては、添付の内容をご確認下さい。

日本産婦人科医会母と子のメンタルヘルス研修会について

受取代理制度届出施設一覧の送付について

出産育児一時金等の受取代理制度の届出につきまして、導入施設一覧を更新し、全国保険協会及び健康保険組合宛に連絡した旨連絡がありました。

つきましては、下記の通り掲載致しますので、ご確認をお願い致します。

190603【事務連絡】(日本産婦人科医会〓御中)受取代理制度導入届提出施設一覧の送付について

190603【別表】受取代理導入一覧(R1.6.1現在)

「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等 に関する法律」に係る診断書記載の手引きの送付について

旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等については、「「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」の施行について(協力依頼)」(平成 31 年4月 24日付け厚生労働省子ども家庭局母子保健課長通知)により、診断書の作成を依頼しております。

今般、「医師のみなさまへのお願い」として、診断書記載の手引きを作成した旨、厚生労働省子ども家庭局母子保健課より別添の通り通知がありましたので、ご確認下さいますよう宜しくお願い致します。

【事務連絡】「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」に係る診断書記載の手引きの送付について

(別添)診断書記載の手引き_

第1回コウノドリ・セミナーの開催について

鹿児島大学産婦人科教室ならびに鹿児島県産婦人科医会が共催で、「第1回コウノドリ・セミナー」を下記ならびに添付の通り開催することとなりました。

つきましては、対象となります先生方にお声掛け頂き、多数のご出席賜りますよう宜しくお願い致します。

日時:2019年7月27日(土)13時30分~17時

会場:鹿児島大学病院 C棟8階

総合臨床研修センターセミナー室

対象:医学生6年生・研修医1、2年目

締切日:2019年7月5日(金)まで

コウノドリセミナー(開催案内)

令和元年度母体保護法指定医師研修会の開催について

母体保護法指定医師の新規取得ならびに更新(対象:平成30年11月1日~令和2年10月31日の指定医師)を希望される先生方におかれましては、更新期間に、研修会を受講することが必須となっております。

つきましては、下記の通り研修会を開催致しますので、ご受講くださいますようお願い申し上げます。

なお、次年度につきましても、研修会を開催予定としておりますことを申し添えます。

開催案内

「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」の施行に対する協力依頼について

昭和23年制定の旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給に関し必要な事項等を定めた「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」が平成31年4月24日に成立し、「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律に基づき都道府県に交付する事務費に関する政令」及び「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律施行規則」とともに、同日施行されました。

対象となる方からの請求に基づき、一時金の支給事務を行うこととなりますが、下記事項につきまして協力依頼が参りましたので、内容につきましてご確認下さいますよう宜しくお願い致します。

1.請求者に係る記録の調査等

2.診断書作成等

3.制度の周知

「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」の施行に対する協力依頼について

産婦健康診査事業(ハイリスク妊産婦情報提供書)について

昨年度10月から実施されております、産婦健康診査事業につきましては、先般ご連絡させて頂きました通り、29市町村で実施されます。

今般、県産婦人科医会ならびに行政等と協議を行い、ハイリスク妊産婦支援情報提供書につきまして、大幅な変更を行いました。変更事項は、従来、妊婦と産婦を同一の書式で使用しておりましたが、妊婦用・産婦用それぞれで作成しております。

また、特記事項の記載欄の幅を広くするなど、使用し易い様式に変更しております。

各医療機関におかれましては、新しい様式に変更して下さいますよう宜しくお願い致します。

なお、様式につきましては、トップページ>産婦健康診査事業 パスワード:kenshin-S に掲載しておりますので、必ずご確認をお願い致します。

母と子のメンタルヘルスケア研修会(入門偏)について

日本産婦人科医会では、平成29年度より、「母と子のメンタルヘルス研修会」を開催しております。

本研修会は、妊産婦の医療とケアに携わるすべての医療・行政スタッフが、メンタルヘルスの問題を抱えた妊産婦を早期に把握して支援に繋げるため、妊産婦のメンタルヘルスに関する基本的な知識を学び、スクリーニングの方法と基礎的な対応のスキルを身につけ、必要に応じて多職種連携につなげる方法を体得することを目的としております。

研修会のプログラムには、「入門偏」と「基礎偏」があります。

昨今、児童虐待や妊産婦の自殺等、妊産婦のメンタルヘルスの問題が大きく取り上げられていることもあり、研修会に、助産師などの医療スタッフ等の受講希望者が殺到しております。そのようなことを受け、研修会を地域で開催することとなりました。

本県では、下記のURLの通り、9月7日(土)16時~19時30分、鹿児島県医師会館にて開催を予定しております。

詳細につきましては、改めてご連絡させて頂きますが、申込み期間が、7月1日~7月31日となっておりますので、お含みおき下さいますよう宜しくお願い致します。

https://mcmc.jaog.or.jp/workshops/

↑URLが認識できませんので、コピー&ペーストしてインターネットで検索をお願い致します。

「産婦健康診査事業に係るQ&A」の周知と産婦健康診査事業推進のお願い

日本産婦人科医会より、標記の件について、周知依頼がありました。

下記にて、「産婦健康診査事業に係るQ&A」ならびに「産後ケア事業運営要綱」を掲載しますので、ご確認下さいますよう宜しくお願い致します。

なお、前回も掲載しましたが、本県では、来年度29市町村が実施予定となっております。

産婦健康診査事業に係るQ&A

産後ケア事業運営要綱

★H31年度産婦健診実施予定一覧

1 / 1112345...10...最後 »

産婦人医会について

 おぎゃー献金

詳しくはこちら

 アクセス

鹿児島県産婦人科医会

〒890-0053
鹿児島市中央町8番地1
(鹿児島県医師会内)

TEL:099-254-8121
FAX:099-254-8129

アクセスマップ

詳しくはこちら

おぎゃー献金 活動報告ページ

日本産婦人科医会

公益財団法人日母おぎゃー献金

日本産婦人科学会

鹿児島大学産婦人科

ページトップへ

Copyright (C) Kagoshima Association of Obstetricians and Gynecologists All Rights Reserved.